阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。
阪神・市民放射能測定所 TOP  >  避難者・被災者のページ >  【請願】原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書

【請願】原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書

西宮市議会に、6月25日に「原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書請願書を提出しました。下記の日時に意見陳述します。
7月2日(火)
総務常任委員会13時開始
請願者陳述が5分できます。
※福島から避難されているAさんが支援法にかける思いを話されます。
 避難されている方、関心を持っている方、どなたでも傍聴できます。
 採決をみなさんで見届けていきましょう。ご参加ふるっておこしください!


Aさんのメッセージです。
今年の1月に福島県福島市から、子ども2人と母子避難してきましたAと申します。
年末に被災者支援住宅が打ち切られるという状況で、駆け込みで避難を決めました。
西宮市にも50組、140人程度の避難者がいると聞いていますが、それは、避難者登録をしている人数で、実際にはもっといるのではないでしょうか。
私自信、避難者登録するという知識が無く、数ヶ月間、登録をしないで過ごしてしまいました。
関東から自主避難した方のほうが、東北から避難した方より大勢いらっしゃるのが現状で、そのほとんどの方が避難者登録をしていないようです。
潜在的な避難者の数は、その2倍にも3倍にも、上るかもしれません。
それほど多くのが、西宮市に救いを求めています。
報道される放射能の被害というものは本当に一握りです。
その中でも、子どもの健康被害などは隠し様もなく数字で現れてきてしまいました。
6/5に福島県民、健康管理委員会の発表した、甲状腺がんと診断された子どもの数は12人、甲状腺がんの疑いのある子は15人に上ります。
2年以上経つのに、対象となるすべての子の検査が終わった訳ではなく、37万人中17万5千人が終わったところです。
またこの結果は、要再検査、2次検査対象の子の実施率、3割にも満たない状況での数字です。
それに加え、慢性疲労、肥満、免疫力の低下など健康被害は多岐に渡ります。
福島に残る小学生の子を持つ友人達からは、6月なのにインフルエンザに罹った、ロタウイルスが流行り、学年閉鎖になったなど、驚くような話しを聞いています。
この先、どれだけ多くの悲しいニュースを聞かなければいけないのでしようか。
私が住んでいた福島市では、住宅地の除染が始まりましたが、作業で出る汚染された土、草木などは、どこにも運び出せず、処理出来ない状態です。
自宅の一画に穴を掘り、埋めるというのが、現地で行われている除染方法です。
汚染された土地をまた再び綺麗に戻すというのは、ほぼ不可能です。
皆、避難出来るならば避難したいと悩んでいます。
国からも東電からも保証されない自主避難者とよばれる人達が、どのような生活を送っているかご存知でしょうか?
大半は子供と母親だけの母子避難という形態が多いなか、一家の大黒柱は汚染地に残り家族を支えています。
始めは家族の健康を思い、決断した離れ離れの生活も、2年3ヶ月という月日が経ち、先の見えない不安から、肉体的、精神的、経済的に限界が近づいています。
避難生活にリタイアする方、精神状態に異常をきたす方、夫婦関係が破綻する方など、避難して数ヶ月ですが、沢山見てきました。
震災を経験した被災者達が、さらに自分にムチ打ち、これからの生き方を模索していかなければならない状況です。
支援法が可決され、復興庁が出した、被災者支援パッケージが施策されたにも関わらず、1年間ほったらかしで全く機能していません。
担当する復興庁官僚の、他人事のような呟きが、最近ニュースになっていました。
東日本で起こっていることだから関係ないと捉えず、いま日本で起こっている、大惨事だと認識して下さい。
やっとの思いで避難し、私達は安住の地を見つけました。
これからも安心して暮らして行く為に、西宮市がいち早く、またどこよりも手厚く、あなた達のとった行動は正しかったと被災者を迎え入れてくれることが、双方にとって、喜ばしい結果を招くと確信しています。
今日は沢山の避難者の声の一部を代弁させて頂きました。
避難者の声に耳を傾け、話し合いの場を作る事で、西宮市が関西の住みたい町ナンバーワンから、日本一住みたい町ナンバーワンへと躍進していって下さい。
以上です。
ありがとうございました。


原発事故子ども・被災者支援法早期実施を求める意見書(案)
スポンサーサイト
[ 2013年07月01日 13:42 ] 避難者・被災者のページ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR