阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。
阪神・市民放射能測定所 TOP  >  土壌・堆肥等の測定 >  土壌・堆肥等の測定について

土壌・堆肥等の測定について

土壌・肥料等の測定について
 肥料等を通じた汚染土の拡散について危惧することから、培養土や土壌について測定依頼が増えてきています。
 そこで、土壌や堆肥等の肥料について測定する際の課題について掲載します。
 私どもの測定所に設置している測定器は、食材・食品の測定を行うための装置です。その特徴は、自然界に存在する放射線の影響をできるだけ遮蔽し、食材に含まれている放射性セシウム、カリウムのみを測定するように設計された測定器です。
 その測定器で、自然界に存在する放射性物質を含む検体を測定しようとすると、セシウムの測定値に誤検出の数値が表れます。
 ビスマス214とタリウム208という自然界の放射線がセシウム137の誤検出の主な要因ですが、他の自然界核種の放射線もセシウム134の測定値に影響を及ぼすことになります。
 したがって、セシウムの存在の有無は、スペクトルグラフからの判定になります。測定結果に、どれほどの自然界の放射線の影響が含まれているかについては、慎重な解析が必要となります。
 これらのことをご理解いただき、測定依頼をお願いします。なお、検出値にこだわらなければ、原発事故由来のセシウム検出は、比較的容易に判定できます。
正確な測定は、ゲルマニウム半導体測定器による測定依頼をお勧めします。
スポンサーサイト
[ 2013年05月16日 22:11 ] 土壌・堆肥等の測定 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR