阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。
阪神・市民放射能測定所 TOP  >  記事 >  【よっといで親子企画】報告と次回開催企画

【よっといで親子企画】報告と次回開催企画

【よっといで親子企画】第2段「おいもでおやつつくり」報告と次回企画の案内です

 今回は、1組の親子と子供たちのサポート支援をしている学生さん2名、小中学生のこども2名、保護者のお父さんも一緒に参加し、わいわい楽しく過ごしました。

① まずは測定スタッフさんと測定実習
DSCF9174.jpg DSCF9177.jpg
子どもたちのおやつ「カルビーポテトチップス」
DSCF9178.jpg DSCF9182.jpg
くだいて1リットルのマリネ利用器に入れて、1時間測定開始!

② 測定中、サポート教室担当のYさん手作り紙芝居による放射能のお勉強。
DSCF9186.jpg DSCF9188.jpg
 自然放射能は、地球ができた40億年前から存在しており、通常の状態では体に大きなダメージを与えることはありません。原発などで、人間が作り出した人工放射能は体内に入ると蓄積され細胞を傷つけます。

③ 今回の原発事故で放出された放射能は、「いのちの柱(遺伝子)をこわす危険なもの」とお話から伝わってきました。
小さな子たちも集中してみています。

DSCF9187.jpg

④ 「少しの放射線は体にいいもの?ばい菌が入ると自然治癒力(免疫)で治すみたいに」
「健康に影響があるとはっきり言えるでしょうか?」
「放射能は悪いものと思っているが、原発なくても電力は足りるのでしょうか?」「電力はいままのままだといつまでもつのでしょうか?」
など思い思いの質問が出てきました。

  放射能から出る放射線を浴びると細胞を壊し、遺伝子を傷つけ続ける怖さや原発がなくても電力は足りている状況を測定スタッフの影山さんより説明をお聞きしました。
測定スタッフの影山さんのお話。紙芝居を作っていただいたサポート教室の米田さん。ご協力ありがとうございました。

次回3段は、
よっといで企画「みんなでクリスマス!」
生クリームを測定し、クリスマスケーキを作りましょう!
日時 12月21日(日)13時から16時30分
参加費 1家族500円
一人でも親子でも家族でもどなたでも参加できますよ
 もえなさんによる紙芝居
 子どもたちのゲーム ビンゴ大会もあるよ
お友達を誘ってご参加ください。


スポンサーサイト
[ 2014年12月06日 14:47 ] 記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR