阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。
阪神・市民放射能測定所 TOP  >  測定日誌 >  2月11日測定日誌(塩サバ、鶏肉、土壌)

2月11日測定日誌(塩サバ、鶏肉、土壌)

 2月11日は、測定員3名で、塩サバ(国内産)、鶏むね肉(国内産)、土壌(岡山県)を測定しました。
 塩サバは、内臓を取り出した状態で頭付きで販売されていたものでとても安かったので、測ってみようと購入してきたものです。塩サバになると加工品となって、産地は表示しなくていいことになっています。鶏肉も同じです。土壌は、西日本で少し山地のものを測定してみようと採取してきたものです。チェルノブイリや大気圏核実験のセシウムが検出されないだろうかと測定してみました。
641 塩さば(国内産)1 642 鶏むね肉(国内産)1
664 土壌(岡山県津山市)1 

塩サバ(国内産)
充填量431g 測定時間30分
核種放射能濃度(Bq/kg)検出下限値(Bq/kg)計数率(cps)
Cs137不検出2.70.00
Cs134不検出3.10.01
K4080.2±56.137.70.09

 セシウムは検出されませんでした。

鶏むね肉(国内産)
充填量735g 測定時間30分

核種放射能濃度(Bq/kg)検出下限値(Bq/kg)計数率(cps)
Cs137不検出1.60.01
Cs134不検出1.80.00
K40103±46.721.90.20

 セシウムは検出されませんでしたが、600keVあたりにわずかですがピークがありましたので、セシウム137の計数率は、天然核種による誤検出と判断しました。

土壌(岡山県津山市)
充填量929g 測定時間30分

核種放射能濃度(Bq/kg)検出下限値(Bq/kg)計数率(cps)
Cs13716.8±6.392.70.72
Cs13420.5±7.062.50.73
K40879±22321.32.19

 これは、土壌なので、セシウムがなくても天然核種によってセシウムの濃度が表示されます。セシウムの位置にはピークは確認出来ないので、セシウム濃度は誤検出としました。これまでの測定で、広島県と島根県の境目あたりの原木栽培シイタケにチェルノブイリ等によるセシウム137のみの検出事例があるため、土壌測定で同様の結果が得られないかといくつか西日本の土壌測定をしてきましたが、まだ見つかっていません。天然核種が多いためグラフの中に隠れてしまっているとも思われますが、ゲルマ測定の実績がないので何とも言えません。
この土壌測定結果のスペクトルグラフは、下記のとおりです。天然核種のピークがはっきりと出ています。(A,H,I)


664 土壌(岡山県津山市)_01
スポンサーサイト
[ 2014年02月12日 16:30 ] 測定日誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR