阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。
阪神・市民放射能測定所 TOP  >  測定実習 >  第1回目測定実習を実施しました

第1回目測定実習を実施しました

初めての測定実習を行いました。
きょうは、茨城県産のレンコン、千葉県産のニンジンを用意して、先週の福島産リンゴをもう一度計ってみようと準備していましたが、尼崎の有機農業を営むAさんが栽培された食材をお持ちになられたので、それを重点に測定してみました。
まずは、茨城産のレンコンです。
茨城産レンコン
刻んでいる状況です。これくらいでいいでしょうか?まあ、とりあえず計ってみましょう!!
刻み方はこんなもん?

 とりあえず詰め込んで重さは667g 測定時間20分
 結果は、Cs-137: 不検出  検出下限: 6.1Bq/kg 計数率:0.1 CPS
      Cs-134: 不検出  検出下限: 4.8Bq/kg 計数率:0.00CPS
      K-40 : 99Bq/kg±81.9Bq 検出下限:66.3 計数率:0.16CPS
でした。あるのかないのかまだよく分かりませんでした。延長して計測を考えましたが、農家のAさんがこられたので、そちらを優先しました。
測定中です。
測定器床面断熱シート
 次は、Aさんの栽培した大根です。
大根2
 大根マリネリ容器入れです。
大根マリネリ容器入れ
 次はみかんです。
みかん容器入れ
 測定風景です。私以外の男性は、Kさんです。
測定風景
 結果は、どちらもセシウム不検出で、計数率も137も134も0.00でした。あとで、測定した大根とみかんを頂きました。
 大根は甘くて、ミカンも美味しかったです。
 きょうは、5人参加で、測定には、結構時間がかかるので、原発事故による汚染の補償は東電と国がしないといけない。健康診断に対する費用も国が補償しないといけないのになど、いろんなお話もできました。
 阪神測定所は、まだ、設置環境が整っていなくて、現在進行形で断熱材をいれたり、温調の検討などをしながらの測定実習なので、もし、何か有意な結果が出た場合、ベクレルが小さいとき、判定が難しそうですが、学習と実習と環境を整えながら取り組んでいきます。
 来週は、千葉県産ニンジン、米、それからカレー粉などに挑戦する予定です。
スポンサーサイト
[ 2013年02月24日 21:38 ] 測定実習 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR