阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。

イタリア産ワイン測定結果(7月30日)

 ワインの測定結果です。セシウムは不検出です。カリウム40の計数率が、0・03cpsとなっています。検出下限を無視して定量した数値は、19.5 ± 3.9 Bq/kgです。参考値として参照ください。
ワイン(イタリア産)1994年製造
温度28度 検体重量616g 測定時間1時間 バックグランド設定時間3時間 7月30日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム137不検出2.5 Bq/kg0.00cps
セシウム134不検出2.1 Bq/kg0.00cps
カリウム40不検出31.7 Bq/kg0.03cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

ワイン1 ワイン2

 測定結果のグラフです。少し説明を付加します。赤い線は、バックグランド設定値、青い線は、今回の測定値です。今回の測定結果では、カリウム40の数値が約20ベクレル/kgと少ないため、コンプトン散乱(後方散乱)の影響は少ないので、赤い線と青い線が重なっている部分が多くなっています。
 コンプトン散乱とは、カリウム40の値が大きい場合、カリウム40の位置(1461keV)より左側の測定値を押し上げる現象のことを言います。
 赤い線が青い線よりも高くなっている個所がいくつか見受けられますが、これは、測定時間の関係で、測定値のばらつきが起きているためです。測定日のバックグランド値は、設定値とほぼ同じだった(測定値3.30cps、設定値3.27cps)ことと、バックグランド設定時間が3時間のため、3時間測定すれば、赤い線が青い線よりも高くなる個所はほとんどなくなると思われます。
 セシウム137(662keV)もセシウム134(796keV)もピークは確認できません。セシウムが検出されない場合のグラフはこのようになります。なお、カリウム40の位置ずれが少し起きています。これは、測定中にわずかですが温度変化が生じたためです。ヨウ化ナトリウムシンチレーションは、温度変化にとても敏感です。この測定では、1度未満ですが温度変化が生じています。

234 白ワイン(イタリア産)

 
スポンサーサイト
[ 2013年07月30日 17:38 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

7月5日本会議で意見書採択!

 6月議会本会議で「原発事故子ども・被災者支援法」に基づいて

施策の早期実現を求める意見書が全会派賛成で採択されました!

震災原発事故から2年3カ月が経ち、家族と離れ離れの生活で精神的、

肉体的、経済的にも限界が近づいていると語られていたAさんの実情に国は本当に向き合ってほしいと思います。

 委員会でどこかの会派の議員さんが「市に対しての要望もしたら」と言われていました。

今後は、自治体独自で放射能無料検診や医療費助成や住宅の延長提供、雇用支援、食の安全保養支援など被災者の意見を反映させた施策の実行を求めていきたいと考えています。

意見書の紹介議員になって頂いた議員の方々や被災者、市民みんなで意見交流を図りながら、

西宮市に避難して良かった!関西の住みたい町NO1の西宮に躍進するよう要望していきましょう。
[ 2013年07月24日 15:36 ] 避難者・被災者のページ | TB(0) | CM(0)

7月23日 腐葉土

 腐葉土の測定結果です。セシウムは不検出です。数値は出ていますが、天然由来の核種による誤検出です。グラフ上に、セシウムのピークは確認できません。
腐葉土
温度28度 検体重量613g 測定時間3時間 バックグランド設定時間3時間 7月23日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム1374.5±2.6 Bq/kg1.8Bq/kg0.12cps
セシウム1343.3±2.0 Bq/kg1.3Bq/kg0.08cps
カリウム40335.5±89.7Bq/kg18.4Bq/kg0.51cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

表 裏2

228 腐葉土(グリーンプラン)(再測定)
[ 2013年07月24日 11:07 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

7月20日 ごぼう(茨城県産)測定結果

 ごぼうの測定結果です。セシウムは不検出です。セシウム134の計数率に数値(0.02)が出ていますが、グラフ上にセシウム134もピークは確認できないので、この計数率は、バックグランド値の変動やカリウム40の後方散乱による誤検出と判断しました。
ごぼう
温度28度 検体重量564g 測定時間60分 バックグランド設定時間3時間 7月20日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム137不検出3.1Bq/kg0.00cps
セシウム134不検出2.4Bq/kg0.02cps
カリウム40136.2±58.9Bq/kg34.7Bq/kg0.19cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

220 ごぼう(茨城県産) 写真

[ 2013年07月22日 16:34 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

お店等においてもらうチラシ

お店等に置いてもらうチラシができました。自由に使ってください。
下記の「ちらし」をクリックするとPDFファイルが開きます。
   PDFファイルはこちら→ ちらし      

A5 チラシ_ページ_1 A5 チラシ_ページ_2



[ 2013年07月19日 19:58 ] 会員・賛同募集リーフレット | TB(0) | CM(0)

7月16日 培養土

 花と野菜の培養土の測定結果です。購入店は、コーナンです。肥料等の規制値は、400ベクレル/kgです。培養土は、何回か測定してきましたが、今回は、セシウムは検出されませんでした。
 土壌測定は、天然由来のウラン238系列及びトリウム232系列の核種が含まれる可能性が高いため、セシウムの濃度として数値がでる場合がほとんどです。この数値が、誤検出か、検出なのかは、スペクトルグラフにセシウムのピークが確認できるかどうかで、判断しています。今回は、誤検出として判断しました。

培養土(検体1)
26度 78% 重量472g 測定時間 1時間 バックグランド測定時間 3時間
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム13711.2±5.6 Bq/kg4.0 Bq/kg0.24CPS
セシウム1346.4±3.8 Bq/kg3.0 Bq/kg0.12CPS
カリウム40297.9±101.4 Bq/kg42.0Bq/kg0.35CPS

花と野菜の粒上培養土(検体2)
28度 70% 重量912g 測定時間 1時間 バックグランド測定時間 3時間
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム13713.3±4.9 Bq/kg2.7 Bq/kg0.55CPS
セシウム13410.8±3.8 Bq/kg1.8 Bq/kg0.39CPS
カリウム40616.3±154.8 Bq/kg22.4 Bq/kg1.38CPS


培養土(コーナン)結果(ブログ用)
表 裏
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。




[ 2013年07月18日 08:53 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

市民測定所の役割

 阪神市民測定所のプレゼンテーションを兼ねて、作成しました。
 原発民衆法廷福島公聴会に参加する機会があり、その時に見た福島の風景に驚きと違和感を感じたことを含めて、プレゼンテーションにしました。
 クリックするとファイルが開きます。
  ここをクリック→ 市民測定所の役割
[ 2013年07月17日 19:56 ] 資料のページ | TB(0) | CM(0)

7月11日きなこ

きなこの測定結果です。セシウムは不検出です。セシウム137の計数率に数値(0.02)が出ていますが、グラフ上にセシウム137も134もピークは確認できないので、この計数率は、バックグランド値の変動やカリウム40の後方散乱による誤検出と判断しました。
きなこ
温度28度 検体重量609g 測定時間30分 バックグランド設定時間3時間 7月11日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム137不検出4.5Bq/kg0.02cps
セシウム134不検出3.6Bq/kg0.00cps
カリウム40643.4±185.7Bq/kg45.3Bq/kg0.96cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。


写真表 写真裏

きなこ(ブログ用)


[ 2013年07月15日 11:51 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

7月11日 粉ミルク

粉ミルク(和光堂)の測定結果です。セシウムは不検出です。セシウム137の計数率に数値(0.03)が出ていますが、グラフ上にセシウム137も134もピークは確認できないので、この計数率は、バックグランド値の変動やカリウム40の後方散乱による誤検出と判断しました。
粉ミルク 粉ミルクの情報はこちら→http://www.wakodo.co.jp/product/milk/feature/haihai_f.html
温度27度 検体重量503g 測定時間30分 バックグランド設定時間3時間 7月11日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム137不検出4.8Bq/kg0.03cps
セシウム134不検出3.8Bq/kg0.00cps
カリウム40209.3±91.2Bq/kg54.3Bq/kg0.26cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

写真1 賞味期限
粉ミルク結果(ブログ用)

[ 2013年07月15日 11:21 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

7月6日 鹿沼土

鹿沼土(グリーンプラン)の測定結果です。土壌測定なので天然由来の放射性核種が検出されています。セシウムに数値が出ていますが、タリウム208やアクチニウム228による誤検出と判断しました。セシウム137も134もピークは確認できません。
鹿沼土
温度27度 湿度74% 検体重量441g 測定時間30分 バックグランド設定時間3時間 7月6日
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム13711.6±7.0Bq/kg6.0Bq/kg0.23cps
セシウム1346.3±4.7Bq/kg4.3Bq/kg0.11cps
カリウム40151.4±84.1Bq/kg63.8Bq/kg0.16cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

193 鹿沼土(グリーンプラン) 鹿沼土

[ 2013年07月13日 14:17 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

7月9日 笹団子(よもぎ新潟県産)

笹団子の測定結果です。よもぎが新潟県産を使用しているので、確認したいと依頼を受けた食品です。自家製で流通品ではありません。あんこ等は、北海道産ではないかと言うことでした。充填量が少なかったのですが、セシウムは検出されなかったので、アップしました。 カリウム40の数値は、少し高めに出ていると思われます。
笹団子(よもぎ新潟県産)自家製
温度24度 湿度73% 検体重量690g 測定時間30分 バックグランド設定時間3時間 7月9日 晴れ
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム137不検出3.4Bq/kg0.00cps
セシウム134不検出2.7Bq/kg0.00cps
カリウム4053.7±43.0Bq/kg40.4Bq/kg0.09cps

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

200 笹団子 充填状況

[ 2013年07月13日 13:53 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

垣間見た福島の汚染状況 そそり立つセシウムのピーク!!

6月7日から9日福島市で開催された原発民衆法廷福島公聴会に参加しました。その際にモニタリングポストが、各地に設置されているのを見かけました。郡山駅前は、0.215μシーベルト/時。福島駅前は、0.243μシーベルト/時でした。子どもたちは、マスク姿は全く見受けまん。汚染を全く感じられない風景です。モニタリングの値では、汚染実態が実感できないと、土壌はどれくらい汚染されているのだろうと、少量持ちかえり、測定器にかけてみました。
 まず、結果を見てください。 

 福島駅近く(道路と歩道の間に溜まっていた土壌)
V7(85ml)容器・充填重量(115g)・600秒・バックグランド設定(3時間)
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム13728691.1±6078.6 Bq/kg326.8Bq/kg196.36cps
セシウム13416045.8±3422.8 Bq/kg51.3Bq/kg86.84cps
カリウム40不検出1591.7Bq/kg0.00cps

 郡山駅近くの共同住宅の庭の土
V7(85ml)容器・充填重量(80g)・600秒・バックグランド設定(3時間)
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム1371747.7±451.6Bq/kg100.4 Bq/kg8.32cps
セシウム134872.7±238.9 Bq/kg38.0 Bq/kg3.29cps
カリウム40不検出656.7Bq/kg0.16cps
 関西では考えられない汚染実態です。子どもたちが遊んだり、日常生活を送る場所は、除染されているのかもしれませんが、高濃度の場所は残っており、そうでない場所も、事故前の基準(100ベクレル/kg)からは程遠い状況であることを体感した瞬間でした。
 原発事故がもたらす過酷な現実を突き付けられた思いでした。この汚染実態に向き合って生きていかなければならない人たちがいる。私たちは、この現実に向き合わなければならない。自分たちの問題として受け止めなければならない。そんな思いを痛感した瞬間でした。あらためて、年間20ミリシーベルトの基準は、子どもたちの命を守る基準値ではない。そう強く思いました。

郡山駅で見た子どもたちの様子
福島の子どもたち

高濃度なのでマリネリ1ℓ容器では測定できません。
郡山駅近くの土壌                                                          福島駅近くの土壌
178 郡山駅前土壌177 福島駅前土壌

178 土壌(郡山駅近く) 177 土壌(福島駅近く)


[ 2013年07月08日 16:50 ] 測定結果 | TB(0) | CM(1)

2013年6月測定結果一覧

2013年6月の測定結果一覧です。
 下記の「測定結果」をクリックするとPDFファイルで開きます。
    PDFファイルはこちら→ 測定結果

2013年6月測定結果一覧_ページ_1
2013年6月測定結果一覧_ページ_2
[ 2013年07月01日 21:09 ] 測定結果一覧 | TB(0) | CM(0)

【請願】原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書

西宮市議会に、6月25日に「原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書請願書を提出しました。下記の日時に意見陳述します。
7月2日(火)
総務常任委員会13時開始
請願者陳述が5分できます。
※福島から避難されているAさんが支援法にかける思いを話されます。
 避難されている方、関心を持っている方、どなたでも傍聴できます。
 採決をみなさんで見届けていきましょう。ご参加ふるっておこしください!


Aさんのメッセージです。
今年の1月に福島県福島市から、子ども2人と母子避難してきましたAと申します。
年末に被災者支援住宅が打ち切られるという状況で、駆け込みで避難を決めました。
西宮市にも50組、140人程度の避難者がいると聞いていますが、それは、避難者登録をしている人数で、実際にはもっといるのではないでしょうか。
私自信、避難者登録するという知識が無く、数ヶ月間、登録をしないで過ごしてしまいました。
関東から自主避難した方のほうが、東北から避難した方より大勢いらっしゃるのが現状で、そのほとんどの方が避難者登録をしていないようです。
潜在的な避難者の数は、その2倍にも3倍にも、上るかもしれません。
それほど多くのが、西宮市に救いを求めています。
報道される放射能の被害というものは本当に一握りです。
その中でも、子どもの健康被害などは隠し様もなく数字で現れてきてしまいました。
6/5に福島県民、健康管理委員会の発表した、甲状腺がんと診断された子どもの数は12人、甲状腺がんの疑いのある子は15人に上ります。
2年以上経つのに、対象となるすべての子の検査が終わった訳ではなく、37万人中17万5千人が終わったところです。
またこの結果は、要再検査、2次検査対象の子の実施率、3割にも満たない状況での数字です。
それに加え、慢性疲労、肥満、免疫力の低下など健康被害は多岐に渡ります。
福島に残る小学生の子を持つ友人達からは、6月なのにインフルエンザに罹った、ロタウイルスが流行り、学年閉鎖になったなど、驚くような話しを聞いています。
この先、どれだけ多くの悲しいニュースを聞かなければいけないのでしようか。
私が住んでいた福島市では、住宅地の除染が始まりましたが、作業で出る汚染された土、草木などは、どこにも運び出せず、処理出来ない状態です。
自宅の一画に穴を掘り、埋めるというのが、現地で行われている除染方法です。
汚染された土地をまた再び綺麗に戻すというのは、ほぼ不可能です。
皆、避難出来るならば避難したいと悩んでいます。
国からも東電からも保証されない自主避難者とよばれる人達が、どのような生活を送っているかご存知でしょうか?
大半は子供と母親だけの母子避難という形態が多いなか、一家の大黒柱は汚染地に残り家族を支えています。
始めは家族の健康を思い、決断した離れ離れの生活も、2年3ヶ月という月日が経ち、先の見えない不安から、肉体的、精神的、経済的に限界が近づいています。
避難生活にリタイアする方、精神状態に異常をきたす方、夫婦関係が破綻する方など、避難して数ヶ月ですが、沢山見てきました。
震災を経験した被災者達が、さらに自分にムチ打ち、これからの生き方を模索していかなければならない状況です。
支援法が可決され、復興庁が出した、被災者支援パッケージが施策されたにも関わらず、1年間ほったらかしで全く機能していません。
担当する復興庁官僚の、他人事のような呟きが、最近ニュースになっていました。
東日本で起こっていることだから関係ないと捉えず、いま日本で起こっている、大惨事だと認識して下さい。
やっとの思いで避難し、私達は安住の地を見つけました。
これからも安心して暮らして行く為に、西宮市がいち早く、またどこよりも手厚く、あなた達のとった行動は正しかったと被災者を迎え入れてくれることが、双方にとって、喜ばしい結果を招くと確信しています。
今日は沢山の避難者の声の一部を代弁させて頂きました。
避難者の声に耳を傾け、話し合いの場を作る事で、西宮市が関西の住みたい町ナンバーワンから、日本一住みたい町ナンバーワンへと躍進していって下さい。
以上です。
ありがとうございました。


原発事故子ども・被災者支援法早期実施を求める意見書(案)
[ 2013年07月01日 13:42 ] 避難者・被災者のページ | TB(0) | CM(0)

【報告】6月23日放射能健診と避難の権利を求めるつどい

6月23日放射能健診と避難の権利を求めるつどい報告
当日39名の方々がつどいに参加していただきました。
甲状腺がんの子どもが12名、疑いが16名の報道があった矢先の今回のつどいは、今起きている子どもたちの健康被害に対して、国や東電に今すぐ被害の拡大を防ぐ対策の実行をせまる内容になりました。
入江Drから健康被害が低線量地域にも広がっていることから、今後さらに多発する深刻な事態となりうるだろうと警鐘をならし、国は、全国どこでも放射能健診が受けられる態勢を急ぐよう医療サイドから声をあげていました。
事故から2年半がたち、福島現地では、20ミリシーベルト以下だと「健康に影響はない」という新たな安全神話が住民に押しつけられている実態も現地取材に行った阪神・市民放射能測定所代表から映像で伝えられました。
また、福島からの避難者3名の訴えは何より動かし難い真実が語られ、事故を起こした責任を追及する力強い証言でした。
被災者、避難者がひとり一人が安心して暮らせる補償を私たちも共に声を上げ、実現させていく関係が求められていると感じました。
一人ひとりができること、みんなでできることを今後も意見交換しながら、国を動かしていきましょう!

みんなでできること①
「原発事故子ども・被災者支援法」による支援策の早期実施を求める意見書を
  全国の自治体から声を上げる議会意見書に取り組みましょう!

長岡京市・大和高田市は、「放射能無料健診、医療費の補償をおこなうこと」を可決。
京都府、向日市、堺市など近畿圏内で意見書が採択されています。

西宮市では、6月25日に請願書を提出しました。
7月2日(火)
総務常任委員会13時開始
請願者陳述が5分できます。
※福島から避難されているAさんが支援法にかける思いを話されます。
 避難されている方、関心を持っている方、どなたでも傍聴できます。
 採決をみなさんで見届けていきましょう。ご参加ふるっておこしください!
[ 2013年07月01日 13:07 ] 避難者・被災者のページ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR