阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。

6月28日朝日新聞記事

 6月28日朝日新聞の地方版に自民党の憲法改正案に対して、危惧する声として測定所の記事が掲載されました。
取材を受け、公共の福祉を公の秩序に置き換え、表現の自由を制限する内容について、市民運動への規制強化への危惧を述べましたが、記事では、福島原発事故による放射能汚染を危惧する声がすでに封じ込められようとしている現実がつづられています。
 汚染を隠そうとする国や自治体が、市民に安全神話をふりまき、命を守りたいとするお母さんたちの声を見えない圧力で封じ込めようとしています。
 流通食品も肥料等も基準値以下のものが流通していると思われます。私たちがキャッチできる範囲は、限られていますが、全国の測定所の仲間と連携して、汚染の拡散をくい止め、安全な食材を自分たちで確保していくために、正々堂々と取り組んでいきたいと思います。

 画像をクリックすると大きくなります。
20130628朝日記事

2013年6月27日自民党憲法改正案批判

2013年6月29日自民党憲法改正案批判
スポンサーサイト
[ 2013年06月29日 20:04 ] 記事 | TB(0) | CM(0)

生しいたけ(広島県産)にセシウム検出

広島県産の生シイタケにセシウムが検出されました。福島原発由来のセシウムではありませんが、しいたけのセシウム吸収力に驚きました。シイタケは、要注意です。
 測定検体は、自家栽培で地元の原木を使用したシイタケ栽培で採取したものです。測定結果は、下記のとおりです。
生シイタケ(地元原木栽培)自家栽培
温度24度 湿度62% 検体重量673g 測定時間2時間 バックグランド設定時間3時間 6月25日 晴れ
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム1377.1±3.1Bq/kg1.8Bq/kg0.21cps
セシウム134不検出1.4Bq/kg0.00cps
カリウム40104.9±40.7Bq/kg19.8Bq/kg0.18cps

持ちこまれた検体の量では、全量充填できませんでした。側面充填の状態でした。これまでの実績から、側面充填では、数値が20%程度高めに出ることが確認されていますので、実際の数値は、少し低めと思われますが、検出されることを知っていただくために、あえて公開しました。
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

168 しいたけ(広島産)自家栽培の測定結果 しいたけ写真2
[ 2013年06月26日 20:35 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

6月22日梅(柏市自家栽培)測定結果

千葉県柏市の自家栽培の梅の測定結果です。
依頼者からは、実家の梅を採取したもので、水洗なしの状態で種を取って持ちこまれました。
測定結果は、原発事故由来のセシウムが検出されました。測定条件としては、種込みで約1kgでしたので、種も含めてマリネリ容器に詰め込み測定しました。
測定結果
梅(千葉県柏市 自家栽培)
温度23度 湿度69% 検体重量929g 測定時間1時間 バックグランド設定3時間 6月22日 晴れ
核種放射能濃度検出下限計数率
セシウム1374.5±2.6Bq/kg2.1Bq/kg0.18cps
セシウム1342.9±1.8Bq/kg1.5Bq/kg0.10cps
カリウム4071.3±32.8Bq/kg20.7Bq/kg0.17cps

 測定結果は、セシウム137と134の検出比率が、少しずれているようですが、測定経過観測では、30分経過時点で、ちょうど2対1となっていました。スペクトルグラフからも福島原発由来のセシウム検出と判断します。
 
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

161 測定結果(採取日変更) 梅
[ 2013年06月24日 17:15 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

6月23日 放射能健診と避難の権利を求めるつどい

「放射能健診と避難の権利を求めるつどい」を開催します。
 福島県の健康調査で甲状腺がんが12名になったことが報道されました。それでも福島県立医大は放射線の影響ではないと説明しています。本当にこれでいいのでしょうか?
 原発事故でまき散らされた放射能の影響は大したことはないという報道がまかり通っています。どうして国は、放射能による健康被害を認めようとしないのでしょうか?本当に健康被害はないのでしょうか?どうすれば、健康被害のリスクを認めるように国は変わるのでしょうか?私たちになにができるか一緒に考えたいと思います。
神戸公聴会のちらし【改訂版】_ページ_1

神戸公聴会のちらし【改訂版】_ページ_2



[ 2013年06月22日 23:21 ] 案内 | TB(0) | CM(0)

福島産 さやいんげん・きゅうりの測定結果

福島産の食品の測定を開始しました。
6月8日、原発民衆法廷福島公聴会に安東が参加しましたので、その時に、いくつか福島県産の食材を買いこんできました。
 今回は、福島駅にある(食品館PIVOT)で購入した福島産コーナーのさやいんげんときゅうりの測定結果です。
 さやいんげんには、産地表示はありませんでしたが、きゅうりには会津産と表示されていました。

測定結果は、 
さやいんげん
温度26度 湿度68% 測定時間 1時間 バックグランド設定3時間 6月18日 晴れ
 核種放射能濃度検出下限計数率
Cs137不検出3.0Bq/kg0.00cps
Cs134不検出2.3Bq/kg0.01cps
K4049.9±37.5Bq/kg32.6Bq/kg0.07cps
Cs134の計数率0.01cpsは、誤検出です。134のみが検出されることは、ありません。

きゅうり
温度25度 湿度69% 測定時間 1時間 バックグランド設定3時間 6月20日 雨
核種放射能濃度検出下限計数率
Cs137不検出3.5Bq/kg0.00cps
Cs1343.0±2.7Bq/kg2.6Bq/kg0.06cps
K4073.6±46.5Bq/kg37.1Bq/kg0.09cps
Cs134の数値及び計数率0.06は、誤検出です。134のみが検出されることは、ありません。この日は、雨で、バックグランド値も少し高かったことも影響していると思います。

 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。


さやいんげん                      きゅうりは写真撮り忘れ
さやいんげん

[ 2013年06月20日 22:32 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

2013年5月測定結果一覧

2013年5月の測定結果一覧です。ホームセンターで購入した培養土からセシウムが検出されました。
 下記の「測定結果」をクリックするとPDFファイルで開きます。
    PDFファイルはこちら→ 測定結果 
2013年5月測定結果一覧
[ 2013年06月02日 11:52 ] 測定結果一覧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR