阪神・市民放射能測定所

市民の手で自主的に食品の放射能測定を行い、情報提供します。

【4月21日】ガシラ(カサゴ)測定

 4月21日 明石沖で釣ってきたガシラ(カサゴ)を測定してみました。魚の測定は、実は初めてで、ミキサーで粉砕してから測らなければとも思いましたが、まずは、原型で測ってみて、あやしかったら、粉砕してと考え、まずは、魚の姿のままで測定してみました。ガシラは根魚で回遊魚ではないので、明石沖の明石大橋の下の近くで釣ったので、まず出ないと思い、測定に入りました。
 結果は、
 394g 2時間測定
放射能濃度検出下限計数率
Cs137不検出3.1Bq0.06
Cs134不検出2.5Bq0.00
K4067.0Bq±47.4Bq/kg36.5Bq0.06

 Cs137の計数率が0.06という数字が出てしまいましたが、この日は、前日の夕方から雨で、自然界のビスマス214の濃度が高くなる環境で、グラフからもかなり明確に、このビスマス214のピーク(609keV)があらわれました。一方、Cs137のピーク(662keV)は見えないため、このビスマス214をセシウム137として誤検出したものであると結論付けました。
 なので、粉砕測定は行いませんでした。なお、カリウム40の数値は、妥当です。
  なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。
ガシラ1
ガシラ2
測定結果グラフ
ガシラ測定結果






スポンサーサイト
[ 2013年04月22日 17:14 ] 測定結果 | TB(0) | CM(1)

尼崎市保健所に食材を持ち込んでみたところ・・・

尼崎市在住の高島です。
 4月9日に保健所に千葉県産お米を持ち込み放射能濃度の検査をお願いしました。結果は検出されずでした。
しかし・・・
担当者は質問すれば答えてはくれそうでしたが、管理職(?)は行政的な対応。
「ほとんど出ない、だんだん減ってくるし、気にしすぎると食べるものがなくなるし。」
 市民の側から「何で市民が測定するのか」を説明する必要を感じました。ぜひ市民測定所の実績で行政に迫っていきましょう。ちなみに尼崎市では火曜日は測定日になっています。
予約して持っていくのはいつでもいいようです。また細かくしなくても多めにもっていけば魚などの検査もしてくれるそうです。「簡易検査」だという理由で紙の検査結果は出してくれません。
結果はホームページで公表されます。

参考に:尼崎市ホームページ→暮らしの便利帖→衛生・ペット→食の安全・安心→市内に流通する食品の放射性物質の検査結果について
です。
[ 2013年04月18日 20:56 ] 投稿記事 | TB(0) | CM(0)

4月14日【ドイツ産 朝食シリアル】

朝食シリアル(ドイツ産)の再々測定を行いました。朝食シリアルの情報はこちら→http://www.breakfast.jp/SHOP/NB-C01.html
 測定時間 2時間 バックグランド設定値 12時間
 セシウム137 不検出  計数率0.01 検出下限1.8Bq/kg
 セシウム134 不検出  計数率0.02 検出下限1.4Bq/kg
 カリウム40  166.3±51.8Bq/kg 計数率0.29 検出下限20.1Bq/kg

という結果でした。前回の報告で、再測定を何度も行い、バックグランド再設定後の結果です。前回からは、計数率が大きく下がりました。バックグランドが、12時間値なので、12時間測定で、計数率は、ゼロになると判断しました。計数率は、誤検出です。明らかなセシウム137のピーク(662keV)も134のピーク(796keV)も見えません。
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。
朝食シリアル


70 シリアル(再々測定).



[ 2013年04月18日 17:32 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

4月13日【給食のおかず(調理後まぜこぜ状態)】

給食のおかずの測定結果です。西宮市内のある園で子どもたちに提供されている給食です。
測定時間 1時間 バックグランド設定値は3時間です。
核種濃度計数率検出下限
Cs137不検出0.02cps2.6Bq/kg
Cs134不検出0.00cps2.0Bq/kg
K40不検出0.05cps30.2Bq/kg

セシウム137の計数率がカウントされていますが、グラフからも明らかなピーク(662keV)は見えません。カリウムについては、もう少し測定時間を長くすれば、検出下限値が下がり、検出されると思われます。(前回報告グラフを参照ください)
 この食品については、写真を撮り忘れており、ありません。中身は、前回報告通り、コロッケ、ちくわ、スパゲティ、魚のフライ等が入っていました。
  なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。
63 西宮市内の給食おかず
[ 2013年04月16日 18:34 ] 測定結果 | TB(0) | CM(1)

何だか怪しいセシウム137の検出

 この間、ブログの更新ができませんでした。理由は、「何だか怪しいセシウム137の検出」です。会員登録頂いた方から、ドイツ産の朝食シリアルの食材を提供いただき、測定を行いましたが、セシウム137が2ベクレル/kgほど検出されました。134はゼロです。ドイツ産なのでひょっとしたらチェルノブイリの影響かと疑いましたが、スペクトルのグラフにはっきりとしたピークが見られません。
 次の日、別の方からの提供の給食のおかずを測定すると、またしてもセシウム137が2ベクレル/kgほど検出されました。134はやはりゼロです。おかずは、コロッケあり、ちくわあり、スパゲッティあり、いろんなものが含まれており、これで2ベクレルも検出されたら、かなり多くのセシウムを含む食材が入っていたはず。しかも134はないのです。なぜ、なぜ、なぜ?・・・・・
 バックグランド(測定器周りの自然界の放射線の影響)がずれたのではないかと思い、測定容器に水を入れて測定したところ、1時間データで、セシウム137が2ベクレル/kgほど検出されたのです。
 そこで、バックグランドを再設定して、測定したところ、セシウム137の計数率が下がり、不検出となりました。
 数ベクレルの検出には、バックグランドの測定も非常に重要であることを再認識した瞬間でした。ここに至るまで、再測定を繰り返し、数日間を要してしまいました。はずかしながら、この数ベクレル検出劇の状況を記録しておきます。最終結果については、別途、アップします。

朝食シリアル(12時間測定)         給食のおかず(12時間測定)
59 朝食シリアル  60 西宮給食のおかず

バックグランド測定(水)1時間
62 水




 
[ 2013年04月15日 18:00 ] 測定実習 | TB(0) | CM(0)

4月6日 ちはまにんじん(千葉県産)

ちはまにんじん(千葉県産)の測定を行いました。
 セシウム137 不検出  計数率0.00
 セシウム134 1.8±1.6Bq 計数率0.04
 カリウム40  81.9±35.9 計数率0.12

という結果で、セシウム134が検出されましたが、137検出なしで134検出ということは、ありえないこと。また、スペクトルグラフからも、X軸の662(セシウム137)のあたりに、ピークがないことから、134は誤検出と判断します。
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

ちはまにんじん(千葉県産)

画像クリックすると大きくなります。
56 ちはまにんじん(千葉県産)
[ 2013年04月06日 20:46 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

森永のおいしい牛乳(4月1日)

今日からは、測定結果を個別に報告していきます。
 なお、放射能測定での数値は絶対値ではありません。機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
 また、測定した検体の結果は、同じ生産場所、食材、製造品、同じ場所の土壌等で同じ数値が出るというものでもありません。さらに、今回の測定が検出なしでも、その食材について将来もずっと安全であるとも言えないことを、是非ご理解ください。

森永のおいしい牛乳です。森永のおいしい牛乳の情報はこちら→http://www.oishi-milk.com/products/index.html
 測定では、最初30分測定し、延長して30分 計1時間測定しましたが、セシウム137の計数率に数値が出るため、あらためて3時間の測定を行いました。
 セシウム137の計数率は、0.04cpsから0.01cpsに下がりました。スペクトルのグラフからも、有意なピークは検出されていません。
結果
 セシウム137 不検出   検出下限 1.0Bq/kg
 セシウム134 不検出 検出下限 0.8Bq/kg
 カリウム40  27.9Bq±17.6Bq/kg
です。
なお、グラフが、平滑化されてなく見づらいですが、次からは、改善していきます。
 49 森永牛乳(写真)

49 森永牛乳(長時間)

[ 2013年04月04日 19:39 ] 測定結果 | TB(0) | CM(0)

2013年3月までの測定結果一覧

温度管理も完了し、ソフトウェアのバージョンもアップして、安定的な測定ができるようになりました。
そこで、バックグランド値は、下げていく努力は継続していくこととして、これまでの測定実習の測定結果を掲載します。
 最初の段階では、長時間測定ができなかったり、ピークがずれたりしましたが、現在は安定しています。
下記の「測定結果」をクリックするとPDFファイルで開きます。
      測定結果

測定実習を開始してから3月31日までの結果

201303測定結果一覧

測定検体(一部)
測定風景(201303)
[ 2013年04月02日 15:20 ] 測定結果一覧 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

hanshinshs

Author:hanshinshs
市民の手で、全ての大人・子どもたちの命を守ろう!

最新トラックバック

測定予約について
1.測定予約については、
 ① 現在「測定予約」は使用できません。ご注意ください。
 ② メール、電話FAXで受け付けします。メールは、下記のメールフォームからお願いします。
電話番号は、050-5317-4016又は、FAX・電話0798-34-2315(つむぎの家)です。申込書は、「測定予約申し込み書」をクリックください。
 IP電話スマホアプリ「050Free」をご利用の方は通話料無料です。
 IP電話スマホアプリ「SMARTalk」をご利用の方は050-5317-4016です。
2.測定料金については、カテゴリーの「測定料金」をクリックしてください。
          
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR